Knowledge Center

Knowledge Center > RBM Solutions > Zuora入門 > ZuoraのAPI

ZuoraのAPI

アプリケーションプログラミングインターフェイス(API)は、アプリケーションとZuoraなどのサービスがデータをやり取りするためのメソッドと標準のセットです。 

  • SOAP API:開発者がZuoraのアカウント、サブスクリプション、使用、請求、決済、および資金管理機能をフル活用できるようにする包括的で詳細なAPIです。
  • REST API :Webセルフサービスの店頭で最も一般的なユースケースを実装するための高レベルのコールを提供する比較的シンプルなAPIです。

Zuoraでは、APIの包括的なセットをコードサンプルおよびSample Code Librariesライブラリと合わせて提供しています。これらを使って、カスタムアプリケーションを作成し、Zuoraプラットフォームと統合することができます。一般にZuoraのAPIはサブスクライバーがマーチャントのWebサイトにアカウントを登録して管理できるようにするために使用されますが、このAPIを使って、フロント/バックオフィスシステムと統合することもできます。

ZuoraのAPIを利用開始する前に、SOAP APIとREST APIの違いを確認し、お客様のビジネスに最適なオプションを選択してください。

開発者リソース

Zuoraにより提供される開発者リソースには次のようなものがあります。

Last modified
11:27, 29 Mar 2016

Tags

This page has no custom tags.

Classifications

(not set)